スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春日大社 

春日大社
春日大社 参拝日/2007年4月3日
住所/奈良県奈良市春日野町160
創建年/神護景雲2年(768年)
祭神/武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
旧称/春日神社

藤原氏の守護神である四祭神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。
武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから鹿が神使とされる。そのため「奈良のしか」は現在、国の天然記念物となり手厚く保護されている。
お盆と節分に行われる万灯篭は有名。参道の石灯篭、廻廊のつり灯篭と灯籠だらけでした。
本殿まで参拝できる「特別参拝」が中止になっていた。VIPでも来ていたのだろうか?参拝者が絶えず賑やかな賑やかな雰囲気の神社でした。
御朱印は、幣殿(拝殿)方の授与所(御朱印受付)で頂きました。
春日大社

御朱印集めの行程
登大路駐車場→氷室神社→東大寺→手向山八幡宮→春日大社→新薬師寺→駐車場
すべて徒歩で移動可能。じっくり見ると半日以上かかりそう。
東大寺を午前中、じっくりと散策。昼食後、春日大社へ行けば夕方前に駐車場に戻れる。
県営の登大路駐車場は、朝6時から駐車可能。深夜12時まで1千円でOKなので気に入っています。 休憩も車内で出来るしね。
春日大社の画像です。クリックすると画像が大きくなります。

鳥居 第一の鳥居は興福寺近くにあります
DSC08590.jpg
手水場 鹿とはさすがです リアル・・・コワ
DSC08593.jpg
石灯ろうは全部でいくつあるのだろうか ハロ~鹿!
DSC08596.jpg
南門
DSC08599.jpg
南門
DSC08600.jpg
中門 本殿は見えず
一般の参拝者は、初穂料を納めて特別拝観を申し込んだ場合は本殿前の中門から参拝することができる。
DSC08615.jpg
幣殿・舞殿 拝殿?
DSC08616.jpg
廻廊 つり灯篭がたくさん
DSC08602.jpg
こちらの色も
DSC08605.jpg
こちらの色も両方良いね
DSC08611.jpg


大きな地図で見る

スポンサーサイト

奈良県(頂いた神社一覧) 

奈良県の神社でで頂いた御朱印

春日大社

手向山八幡宮

氷室神社

龍田神社
格差ありすぎ

奈良県(頂いた寺院一覧) 

◎印は特別開扉など特別な時期のみ。△印は書置きのみ。
pen0_03.gif 狩り友のpuu氏からのご提供(@puuで表示)
今後もご提供いただける予定ですのでさらにボリュームアップ
n13.gif
岡寺

厄除大悲殿
(西国第七番)
@puu
n13.gif
長谷寺

大悲閣
(西国第八番)
@puu
n13.gif
橘寺

太子誕生所
@puu
n13.gif
橘寺

聖徳殿
@puu

飛鳥寺
n13.gif

飛鳥大佛
@puu
coming soon!



coming soon!



coming soon!




東大寺

大仏殿
(華厳①)
東大寺

大仏殿
(華厳②)
東大寺

二月堂
(南無観)
東大寺

二月堂
(観音力)

東大寺

三月堂
(法華)
東大寺

四月堂
(千手観音)
東大寺

四月堂
(普賢菩薩)
東大寺

戒壇院
(四天王)

東大寺

念仏堂
(地蔵菩薩)
東大寺

俊乗堂
(愛染明王)
東大寺

俊乗堂
(阿弥陀如来)
色白

興福寺

南円堂
(西国第9番)
興福寺

南円堂
(西国ご詠歌)
興福寺

一言観音堂
(一言観音)
興福寺

一言観音堂
(ご詠歌)

興福寺

今興福力
(世界遺産)
興福寺

東金堂
(東金堂)
興福寺

旧食堂
(千手観音)△
興福寺

北円堂
(北円堂)◎

新薬師寺

薬師如来△
元興寺

智光曼荼羅
元興寺

瑠璃光
色白

薬師寺

金堂
(薬師如来)
薬師寺

大講堂
(弥勒佛)
薬師寺

仏足石
(南無佛)
薬師寺

東院堂
(聖観世音)

薬師寺

玄奘三蔵院◎△
唐招提寺

金堂
(盧舎那仏)
唐招提寺
色白
御影堂
(鑑真和上)
法華寺

十一面観音

海龍王寺

妙智力
不退寺

聖観音
西大寺

本堂
(釈迦如来)
西大寺

愛染堂
(愛染明王)

法隆寺

聖霊院
(以和為貴)
法隆寺

西円堂
(峰薬師如来)
中宮寺

如意輪観音△
法起寺

十一面観音

法輪寺

薬師如来
色白
色白
色白

室生寺

悉地院
室生寺

本堂
(如意輪観音)
室生寺

奥の院
(弘法大師)
大野寺

大石佛

長谷寺

大悲殿
(西国第8番)
能満院

ひぎり地蔵
聖林寺

十一面観音
聖林寺

九集殿?

室生寺 

宀一山室生寺(べんいちさんむろうじ)
室生寺-金堂 参拝日/2007年11月21日
住所/奈良県宇陀市室生区室生78
創建年/宝亀年間(770年-781年)
本尊/釈迦如来(国宝)
別称/女人高野

山岳寺院の典型的な伽藍配置で金堂、本堂、五重塔をめぐり、急な登りの石段を登ると奥の院にたどり着く。結構つらいけど必ずお参りください!
金堂内の数ある国宝の仏像の中で、「十一面観音菩薩立像」が大変印象に残りました。何とも柔らかな表情、姿は一生ボクの心に残りそうです。
また、運慶作といわれている十二神将もそれぞれの表情が豊かで素晴らしかった。観光客がどっぷりと現れる前の朝一番くらいの静かな境内をしんみりお参りするのが一番だと思います。
御朱印は、仁王門前の売店、本堂内、奥の院は御朱印受付でそれぞれ頂きました。
本堂(灌頂堂)=「悉地院」

室生寺 本堂 室生寺 奥の院
室生寺-本堂 室生寺-奥の院
如意輪観世音 弘法大師 独特の雰囲気♪


見所満載の室生寺の画像です。クリックで拡大します。

仁王門
門前のお店で売られている「ヨモギ入りの回転焼き」は、ほんのりヨモギの香りがしておいしかった。お参りの帰りに焼き立てを頂きましょう!
DSC00499.jpg
鎧坂
雰囲気のある石段です。上りきると正面に金堂、左側に弥勒堂が目に入ってきます。
DSC00502.jpg
弥勒堂
本尊弥勒菩薩立像の右側に釈迦如来坐像(国宝)が安置されています。画像中央に少し見えるかな。渋めのイケメンといった感じでしょうか。
DSC00507.jpg
金堂
何ともまあ、別世界のような雰囲気です。一同に並んだ仏像を前にビクッとしてしまいました。
DSC00509.jpg
軍荼利明王石仏
金堂横、天神社前にあります。表情が良いね。
DSC00515.jpg
金堂から弥勒堂を眺める
DSC00529.jpg
本堂(潅頂堂)
DSC00533.jpg
本堂(潅頂堂)
DSC00551.jpg
五重塔へ
5月には石楠花が見事に咲き誇るそうです。
DSC00562.jpg
五重塔
台風により損傷を受けたが今では綺麗に修復されています。
DSC00576.jpg
五重塔
野外に建つ五重塔の中で最も小さい。う~ん、見事だね。
DSC00580.jpg
奥の院までの地獄の石段(大げさ)
DSC00629.jpg
こんなところに建てました
DSC00598.jpg
奥の院 御影堂
珍しいなぁ、こんな板葺き二段屋根。本日ご開帳。
DSC00617.jpg
パンフレット
室生寺パンフ2


大きな地図で見る

大野寺 

楊柳山大野寺(おおのでら)
大野寺 参拝日/2007年11月21日
住所/奈良県宇陀市室生区大野1680
創建年/不明、伝白鳳9年(681年)
本尊/弥勒菩薩

室生寺へ行く途中にあるので是非お立ち寄りください。
宇陀川の岸の自然岩に刻まれた弥勒磨崖仏は有名。何度か補修をしているようだが風化には耐えられないようです。うっすらと仏様の輪郭が見える程度です。年月が経つと見えなくなってしまいそう。
山門に無人拝観受付がありお金を置いて中に入ります。お寺自体は大変小さくヒッソリ感あり。境内のしだれ桜は大きく立派でした。桜の時期には凄い人出になるようです。
御朱印は、寺務所?住居のほうで頂きました。無料Pあり。
「大石佛」=本尊=弥勒菩薩


大野寺の画像です。クリックで拡大します。

弥勒磨崖仏
DSC00650.jpg
山門 三脚禁止!持ち込みもダメですよ!マナー悪い人多いのかな。
DSC00653.jpg
本堂
DSC00655.jpg
正面に磨崖仏
DSC00665.jpg


大きな地図で見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。