スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

興福寺 

興福寺(こうふくじ)
興福寺-南円堂 参拝日/2007年4月3日
参拝日/2007年5月3日
参拝日/2008年4月9日
住所/奈良市登大路町48
本尊/釈迦如来

藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。
「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。
南円堂は西国第9番札所。
国宝館は、有料ですが必ず立ち寄るべきです。有名な阿修羅像があります。個人的には、大きな千手観音を斜め下から見上げるのが好きです。
御朱印は、南円堂の隣の御朱印受付で頂きました。数種類あり。
他のお堂でも頂けます。
西国第9番「南円堂」

南円堂 南円堂
興福寺-南円堂詠歌 興福寺-世界遺産
西国第9番札所のご詠歌 世界遺産の朱印があります

一言観音堂 一言観音堂
興福寺-一言観音 興福寺-一言観音詠歌
一言観音
南円堂横の御朱印受付で頂けます。
一言観音のご詠歌
南円堂横の御朱印受付で頂けます。

東金堂 国宝館(旧食堂)
興福寺-東金堂 興福寺-千手観音
「東金堂」
他のものとは全く雰囲気の違う筆跡。息継ぎのない流れるような文字です。
堂内有料。
本尊「千手観音」
国宝館は、まさに国宝だらけです。感動ものです。御朱印は、書き置きのみです。
堂内有料。

北円堂
興福寺-北円堂 「北円堂」は、通常は公開していません。
春と秋に有料で特別開扉をしています。
この御朱印は、特別開扉の時期だけいただけるものです。拝観受付で頂けます。
本尊の木造弥勒如来坐像の両脇にある木造無著・世親立像の表情は必見ですよ。
「北円堂」


興福寺の画像です。クリックで拡大します。

五重塔(国宝)
国内で2番目の高さ。一番は東寺。
五重塔(ライトアップ)
年中、ライトアップ。
DSC00005_20080503074623.jpg DSC00395_20080503074634.jpg

東金堂(国宝) 東金堂と五重塔
DSC00012_20080503074535.jpg DSC08574_20080503074906.jpg

南円堂
朝から出勤の途中にお参りしていく人も多く見られました。
南円堂
西国9番のご詠歌が掲げられています。印象的な建物で心に残ります。
DSC00016_20080503074707.jpg DSC08531_20080503074809.jpg

一言観音堂
南円堂北側にあります。
一言観音堂
お堂に掲げられた普賢菩薩の絵
DSC01418_20080503074732.jpg DSC08538_20080503074819.jpg

北円堂(国宝)
南円堂と比べると一回り小さいでしょうか?派手さはないが歴史を感じます。
北円堂
特別開扉のときに堂の外から撮りました。どの仏像も見ごたえがありました。
DSC08545_20080503074846.jpg DSC00229_20080503074718.jpg

仮金堂
この前では中金堂を再建する工事が行われています。
仮金堂
この中も是非見てみたいものです。周りは鹿がいっぱいいますよ。
DSC08527_20080503074752.jpg DSC08575_20080503074915.jpg

三重塔(国宝)
南円堂の南。五重塔があるので目立たない存在です。
猿沢池から五重塔を
境内の南にある池です。池越しに写真を撮るといい感じです。
DSC08539_20080503074832.jpg DSC08557_20080503074856.jpg



国宝館パンフ
興福寺国宝堂パンフ1
国宝館パンフ
興福寺国宝パンフ2
東金堂パンフ
興福寺東金堂パンフ1
東金堂パンフ
興福寺東金堂パンフ2
北円堂パンフ
興福寺北円堂パンフ1
北円堂パンフ
興福寺北円堂パンフ2




大きな地図で見る


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goshuinatume.blog71.fc2.com/tb.php/32-c0e23ad2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。