スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

平等院 

朝日山平等院(びょうどういん)
平等院-鳳凰堂 参拝日/2008年4月29日
住所/京都府宇治市宇治蓮華116
本尊/阿弥陀如来

10円玉に描かれた「平等院鳳凰堂」、超有名ですね。
藤原氏ゆかりのお寺です。藤原頼道が別荘から寺に改修した。
「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。
完全に整備されており観光にはもってこいの場所。
個人的には、寂れたお寺、訪問してみると凄い仏像、というのが好きなので・・・。どんな仏像が待っているんだろうという期待感はない。最近出来たミュージアムも立派すぎて・・・。
←浄土院の御朱印
こちらの御朱印は浄土院西側の御朱印受付で頂きました。
鳳凰の朱印、もう少しはっきり押して欲しかったぁ、残念。

朝日山平等院
平等院-阿弥陀如来 鳳凰堂内部を見学するには、当日の時間予約が必要、1回50人で20分間隔。別料金がかかるが必ず見学したいですね。
阿弥陀如来。。。丸みを帯びたふっくらとした姿、そして安心感が漂うお顔、見ていると本当に「ホッ」としました。大きめの目も安心感を与えてくれます。平成の大修理で白毫がきらっと輝くように!
←最勝院の御朱印
現在の平等院は、浄土宗の浄土院と、天台宗系の最勝院の2つの寺院が共同で管理しているため、二つの御朱印が頂けます。お好きなものをお選びください。
こちらの御朱印は最勝院横の不動堂の朱印受付で頂きました。
こちらは「阿弥陀如来」


平等院の画像です。クリックで拡大します。

国宝「鳳凰堂」 水面に写って大変綺麗でした
DSC01598_20080430214907.jpg
鳳凰堂 正面から。左右全体を普通のデジカメで納めるのは無理
DSC01601.jpg
中堂から左右に広がる翼廊、後部には尾廊。それぞれ翼と尾っぽを表現
DSC01616.jpg
最勝院 塔頭二つのうちのひとつ
DSC01610.jpg
不動堂 不動明王を本尊とする最勝院の本堂
DSC01605.jpg
頼政の墓地 不動堂にあります
DSC01609.jpg
浄土院 塔頭二つのうちのひとつ
DSC01621.jpg
浄土院
DSC01626.jpg
藤棚には大量のカメラマンが。今年は花のつきが悪いそうです
DSC01617.jpg


大きな地図で見る


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goshuinatume.blog71.fc2.com/tb.php/41-8e4f9b5b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。