スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

春日大社 

春日大社
春日大社 参拝日/2007年4月3日
住所/奈良県奈良市春日野町160
創建年/神護景雲2年(768年)
祭神/武甕槌命、経津主命、天児屋根命、比売神
旧称/春日神社

藤原氏の守護神である四祭神をもって藤原氏の氏神とされ、春日神と総称される。
武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから鹿が神使とされる。そのため「奈良のしか」は現在、国の天然記念物となり手厚く保護されている。
お盆と節分に行われる万灯篭は有名。参道の石灯篭、廻廊のつり灯篭と灯籠だらけでした。
本殿まで参拝できる「特別参拝」が中止になっていた。VIPでも来ていたのだろうか?参拝者が絶えず賑やかな賑やかな雰囲気の神社でした。
御朱印は、幣殿(拝殿)方の授与所(御朱印受付)で頂きました。
春日大社

御朱印集めの行程
登大路駐車場→氷室神社→東大寺→手向山八幡宮→春日大社→新薬師寺→駐車場
すべて徒歩で移動可能。じっくり見ると半日以上かかりそう。
東大寺を午前中、じっくりと散策。昼食後、春日大社へ行けば夕方前に駐車場に戻れる。
県営の登大路駐車場は、朝6時から駐車可能。深夜12時まで1千円でOKなので気に入っています。 休憩も車内で出来るしね。
春日大社の画像です。クリックすると画像が大きくなります。

鳥居 第一の鳥居は興福寺近くにあります
DSC08590.jpg
手水場 鹿とはさすがです リアル・・・コワ
DSC08593.jpg
石灯ろうは全部でいくつあるのだろうか ハロ~鹿!
DSC08596.jpg
南門
DSC08599.jpg
南門
DSC08600.jpg
中門 本殿は見えず
一般の参拝者は、初穂料を納めて特別拝観を申し込んだ場合は本殿前の中門から参拝することができる。
DSC08615.jpg
幣殿・舞殿 拝殿?
DSC08616.jpg
廻廊 つり灯篭がたくさん
DSC08602.jpg
こちらの色も
DSC08605.jpg
こちらの色も両方良いね
DSC08611.jpg


大きな地図で見る


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://goshuinatume.blog71.fc2.com/tb.php/64-36b630b1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。